サラリーマンの平均年収は約437万円、前年比0.5%の減少!(2005年、国税局調査より)

景気がよくなっているように世間ではいわれていますが、
データを見るとそれほどでもないことが分かります。
というのは、民間に勤めるサラリーマンの平均年収(2005年度)が
2004年度に比べて2万円も減少しているのです。

割り振りですが、

「給料・手当」が7000円の減少で、
「賞与」が、1万3000円の減少


になっています。
こうなってくると、なかなか景気がよくなっているのが実感できないですよね。特に製造業は増加傾向にあるので、サービス業などは減少傾向といっても過言ではありません。

景気回復を実感できているのは、一部の好調業界に属する正社員ということのようです。





年収をアップさせる方法の1つは、「転職」。
実際、人材紹介会社を利用した方の60〜70%は年収アップに成功しています。
今後、会社の昇給よりも転職でキャリアを積み重ねることも
1つの年収アップの方法になります。
今後のキャリア相談も無料でできる人材紹介をぜひ、活用してください。

【お薦めの人材紹介会社はこちら!!――登録は無料です】

mark.gifリクルートエージェントの転職支援サービス …転職者の66.4%が年収アップに成功!


■■人材紹介のメリット■■

無料の転職支援
プロのキャリアアドバイザーが無料で転職サポートしてくれます。
非公開求人が豊富
一般的にオープンにされていない求人を紹介してもらえます。
女性も安心
女性のキャリアアドバイザーもたくさんいます。心配はいりません。

もっと人材紹介のことを知りたい方はこちらをクリック!

トップ > サラリーマンの平均年収 > サラリーマンの平均年収は約437万円、前年比0.5%の減少!(2005年、国税局調査より)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。